FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然に、あまりにも突然に。

ゆめを みた。


今まで喧嘩して、口も聞かなかった君が、
僕に笑い掛けてくれる夢を。

その笑顔はまだぎこちなかったけど、
僕は精一杯笑い返した。



『正夢になると良いのに。』

目が覚めた僕は、そんな都合の良いことを考える。

そんな甘い考えを振り払うように頭を振り、
僕は涙で濡れた頬をぬぐった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。